パーソナルレッスンのデモンストレーション


昨日はね、
パーソナルレッスンを受けてくれた
3人の教え子たちの
デモンストレーションでした。

昨日が初回の人、昨日が2回目の発表の人。
様々なんだけど
確実に1回目より2回目の方がこなれていて
上手くなっているし
やっぱり現場が一番成長するんだなあと感じました。

そして、
たった2日の私とのセッションで
一つの作品を作る。
私自身もとても勉強させてもらっています。

それぞれの受講生のことを思って作品を作るし
2日間しっかり一人一人と向き合うので
本当に面白い。
なかなかのスピードで脚本を書くし
稽古もつけていくけれど
その集中力も楽しい。

みんな最初は「覚えられるかなぁ・・・?」
と不安がっていても
ちゃんと最後には
堂々と演じられるようになっている。

これは一つの”教育現場”なのかも。
とも思います。

やっている中で色んな話をするし
今どんなことを考えているのか
それぞれの個性を発見することができます。
私はその発見を作品に投影していきます。
そして、彼ら自身の手でそれをアウトプットする。
最後には自分のアイデンティティーを改めて認識する。

なかなかボヤけてしまう世の中だと思うんです。
個性個性なんて叫ばれているのに
いまだにリクルートスーツだってあるし
街中には同じ髪型で同じ服装の人があふれていますよね。

そこでやっていくこのパーソナル。
なんだか、演劇より演技力よりも
もっともっと大切なことを伝えて
もっともっと大切なことを私も学ばせれもらっている気がします。

場所は浪速区のカドカワショールームさんで行います。
興味のある人はぜひホームページの”お問い合わせ”よりご連絡くださいね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA