コラージュワークショップに行ってきた


先日、クラスメイトの一人でイタリアで子供達と演劇ワークショップなどをしている人が、「ヒロコが好きなワークショップがあるから行ってみて」とチラシを持ってきてくれました。
この場所にいながら、同じクラスにシアター関係の人がいるって私どれだけ引き寄せているんだろう??
こちらに来てからの強運具合に自分でも驚いています。

勧めてくれたワークショップはコラージュのワークショップでした。
私の家の近くにあるギャラリースペースで開催されていて、ドイツ語がまだまだできないのでドキドキしながら行って来ました。

結論!とっても楽しかった!
さすがシアターの講師をしているだけある彼!私にぴったりと教えてくれたワークショップが本当に気に入りました。この感性のシェアこそが、アートをしてる人同士の関わりの中で楽しいのです。

まずは、様々な質問が書かれた紙をとって、そのお題についてペアで話をします。掘り下げ、と言ってもいいですし、提案のし合いと言ってもいいでしょう。
私のお題は「自分の属しているグループについて」だったかな。ペアの人のお題は「アートのリアリティについて」かな。
(みんな英語で話してくれました。優しい・・)

そして、ひとしきり話した後に、雑誌やチラシ、新聞などを好きに選び、コラージュを作っていきます。
私にとっては初めてのコラージュ。
出来上がったのはこちら。

コラージュ1
面白かった。
全員の作品をコピーして1冊の冊子を作ります。
コラージュ4
お題一覧も最後につけて
コラージュ5
表紙も各自で作ります。
今回はこの目が覚めるようなオレンジがワークショップのテーマカラーだったので、それを使って、コラージュしながら表紙を作りました。
コラージュ3 コラージュ2
結構表紙はお気に入りです。

6人くらいの丁度いい人数で集まって、最後には全員で話をして終了。
お代は”寄付”です。

コラージュに入るまでのトークそこからの製作、そしてフィードバック。私のフィールドとは違うアートのワークショップでしたが、何も違うことはない、アートの切り取り方が私にとってとても心地よいひとときでした。

ありがたいことに、何かと日々予定が入って来ます。
やっぱりこっちに来てよかったな。
実際に来てみないとわからないこともあるし、思いがけない出会いや再会に毎日楽しく過ごしています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA