フリーショップに行ってきた


ライプツィヒのフリーショップに行ってきました。
フリーマーケットの”無料”版です。
つまり、要らなくなったもの(服でもなんでも)を持ってきて、欲しい人がもらって帰る。
お代は”寄付”です。
本当に寄付だけで世間が回ってるんじゃないかと思うくらい、こちらにきてから”シュペンデ”(=寄付)という言葉を耳にします。
フリーショップ1
入り口はこちら。
オーナーさん?がいて、順番に入れてくれます。
そりゃ一気に入ると混雑しますもんね。
こんな風にきちっと管理されているのもドイツっぽいな、と思います。

待っている間も、外に本が並んでいたり飽きません。
フリーショップ2
中は写真は撮りませんでしたが、本当にたくさんの服や靴、鞄や食器、CDやDVD、家庭用品など所狭しと並んでいて、「これ全部フリー???」と驚きます。
私も、帰国の際には服などをこちらに寄付して帰ろうと思います。
またまたライプツィヒで出会った循環の場。
こんなことも、日本に帰ったらやりたいですね。

このフリーショップの場所はこちら。
週に2日(月金)オープンしています。
夏休みもあるようなので、詳細はホームページをご確認ください。
https://umsonstladen-leipzig.jimdo.com/lage/


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA