バッハの街ライプツィヒ


バッハといえばライプツィヒ。
ライプツィヒといえばバッハ。
そのくらいバッハ推しのライプツィヒです。

こちらは一番の観光スポットと言っても過言ではないくらい有名な聖トマス教会。バッハさんがオルガニストをしていたことで有名です。
今はフェスティバルの最中なので、教会の中でも結構イベントが行われています。
私は賑やかな教会もいいですが、静かでシーンとしている教会が好きです。
プロテスタント系の学校に通っていたこともあり、教会はなんとなく親近感があるのかもしれませんね。

今、ライプツィヒではバッハフェスの真っ最中です。

セントラルを中心にたくさんバッハに関するイベントが朝から晩までやっています。
マルクト広場には大きな舞台が設置され、屋外で様々なパフォーマンスが見られます。
先日ちょっとだけ参加してきました。

あ、ほぼビールの写真ですね。
一応、ビールの先にはステージがあって、出店も出ています。
結構なんでもありのステージで、私が見たのはDJさんで、最初のうちはバッハの曲をかけていましたが、だんだんテクノっぽくなったりして、とても面白かったです。(フェスの間にもう一つくらいイベントに行きたいなぁ)

こうやって古典を愛し、新しいものにも寛容な街の雰囲気がとても好きです。
私がライプツィヒを好きになった理由の一つがそこです。

ライプツィヒは旧東ドイツなんです。

そう、ライプツィヒってどこ?とよく聞かれますが、ベルリンから少し(地図上で)南下したところに位置しています。
なので、東ドイツだったんです。
西と東にドイツが分断された時に一気に人が西側に移動してしまい、空き家だらけになったそうです。
そして時は流れ、空き家を利用するアーティストや難民、移民の方々が住まれるようになり、今では人口は増加していっています。

なんだか、古典とモダンが勢いよく混ざり合ったそんな感じの空気を感じます。だから、とても惹かれたんだな。

・・・ちなみに私、バッハさんと同じ誕生日なんですw
もう、運命としか言いようがありませんね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA