シェンゲン協定90日以内に戻りたい!


さて、タイトルのままです。

ドイツのワーホリビザが切れたあと、きっちり90日後にドイツを飛び立つ(日本に帰国する)航空券を持っていました。

しかし、都合ができ、どうしても2ヶ月後にドイツに戻りたい!
そんな状態でした。

おさらい!

シェンゲン協定について!

です!

なので、まあ、簡単にいうと、
90日いたら、出国から90日は入っちゃいけないよ!
しかもこれは国ごとのルールじゃないから
シェンゲン協定に加盟している国は全部だよ!!

ってことです。

そういえば、以前ドイツの空港で、バックパッカーらしき男の人が
「あ、君シェンゲン協定にいすぎだね。」
と言われどこかに連れて行かれていました…!!( ̄◇ ̄;)

恐怖!!!

私はどうしたか?
今回はそのことについてシェアします。

私は9月の頭に日本に帰国し、11月に戻らないといけない用事がありました。
ギリ90日経ってない!!
あらかじめ11月に帰ってくることがわかったので
ドイツにいる間に旅に出ることにしました。
探せばあるんです。
シェンゲンに入っていない国。

ドイツの近場だったら
トルコやイギリス。
私の場合はお友達がいるということでアルバニアをチョイス。

10日間ほど、シェンゲンから出たのです。
ここで大事なのは「絶対スタンプ押してよね」ってこと。
この期間は出たよ!
っていうことの証明になりますからね。

そして、なんとか、”あらゆる180日”の80日だけシェンゲン内にいた、10日間は外に出た、という証拠を持って、日本に帰りました。

それでもはっきり言って怖い!
入国審査官、どこまでチェックしてるのか、本当にわからないんだもん。

しかも、今回私はパスポートの切り替えの時期でもあったので
持って行くのは新しいパスポート。
これでどこまで分かるのか、私には分かりません。
あの、電子チップにどこまでの情報が入っているかなんて、想像もつきませんよね。

念のために、古いパスポートも持って行きました。
なんか言われた時に「ここで、アルバニアに出たよ!」って言うために…。

運命の入国審査…
・・・・・
・・・・・・・
はい。
一瞬で終わりました。

何も聞かれずに。

なんならお兄さん、くしゃみをした(もう入国を済ませた)おじさんに「ぐずんたいと!」なんて言いながら、私の方はなーんも見ずに、ポンってスタンプ押してくれました。

なんのこっちゃ?!?!?!

こりゃ、電子チップには渡航歴は入ってないんじゃない?って思いました。(根拠のないことなのであてになさらず)
こんなリスキーなことしているのに、なぜかいつもあっさりの入国審査。
私はそんなに善人に見えるのかなw

まあ、法を犯していませんし、やっていることも、ちゃんとルール内ですし…。
堂々としてりゃいいんですけどね。

とにかく、
期間ギリギリで、シェンゲン内に戻ってきたい場合は
戻りたい日数をちゃんと計算して、シェンゲン外に出たら大丈夫です!

…でも、こんなに甘々なんだったらオーバーステイもたくさんあるんだろうなあ。
なんて、思った次第です。

でへへ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA