ヴァイスビア(白ビール)のススメ


やっぱりドイツといえばビール。
ビール好きの私にとってはもう、水のように飲んでしまいます。

最近急に天気が良くなったので、外ではビールやアイスを片手に談笑している人をよく見かけます。
お店も、ここぞとばかり、ビールやアイスの看板を出してます。
ちょっと前まで、グリューワイン(温めた甘いワイン)の看板だったのに…。

ということで、本当に気軽に手に入ってしまうビール。
今日は私のおすすめビールをご紹介したいと思います。

ビールにもピルスナーからエクスポート、黒ビール、白ビールなど本当に様々な種類があるのですが、今日紹介するのはこちら。

ヴァイスビア(白ビール)です。
こちらのスーパーではこんな感じでペットボトルのビールも売っています。
瓶より軽いし便利。
何より、安い…!
瓶もペットボトルもデポジットが取られるため(返せば返金してくれる)少しずつ上乗せされますが、このビールなんて、6本セットで2ユーロしません。
もう、訳がわからないくらい安いですよね…。
そりゃ、買ってしまいます。

こちらのヴァイスビア(白ビール)は小麦ビールとも言います。
言葉の通り、多くの小麦が使われているそうです。
種類で言ったらエールビールのカテゴリになります。
ホップは使用していないので、ホップの香りはしません。
その代わり、なんていうか、フルーティーな香りがします。

このビール、喉越しを楽しむ!というより、この独特の香りを楽しむほうが良いです。
なので、このままペットボトルに口をつけて…飲んでも、あまりその魅力はわかりません。

まずは、グラスを用意します。
そして、グラスに泡に気を使いながら注いでいきます。

そう、この泡が良い香りを出すんです。
そして、グラスを持って、フリフリ〜。
フリフリすると、泡が広がり、香りが立つようになります。

はい。美味しそう。

泡と香りを楽しみながらグラスでいただくと、もう何倍でもいけちゃいます。笑
でも、飲み方を間違えると、あれ、何だかこれ美味しくない…。ってなってしまいます。
何を隠そう、私は友達にこちらをあげた時、飲み方を説明していなかったので、何とも微妙な反応が帰ってきたんですね…。(ごめん。)

正しい飲み方はこうです!

にしても、本当にビールはいろんな種類があって、楽しいです。
そしてこちらは、どれも安いので気軽に新たな種類に挑戦できて楽しめるのも最高。

気温も上がってきて、暖かいドイツではもう、ビールビールビール!そこら中でみんなビールを飲んでいるので、歩いているだけでウキウキするドイツです*


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA