静かなEisenbahnstraße


私の生活圏であるEisenbahnstraße(アイゼンパーン通り)。
東ドイツの中でも衰退の激しい商店街と言われていましたが、近年は空き家を使って、アーティストがスペースを作ったり、移民の方が自分たつの文化を守りながら暮らしていたり、トラムも通っていて昼も夜も賑やかな通りです。

私はこの通りを中心に生活していますが、最初は正直「ちょっと怖いな…」という気持ちがありました。
しかし、生活していく中で徐々に顔見知りも増え、ここが落ち着く場所になっていきました。

そんないつも混雑しているEisenbahnstraße。
最近、道路の工事が始まって、トラムや車が一時的にこの通りを通らなくなりました。
いつも何かしら騒がしい通りなので、こんなに静かなのが不思議です。

ここ数日は冷えますが、ここまで寒くなかった日には、夜は道路に座っておしゃべりをしている人たちも。

私も仲間に入ってみました。
いつもはトラムや車で賑やかな通り。
珍しかったのでつい…。

写真でもわかりますが、私もうダウン着ています…!寒い!
ダウン着て外でビールもなかなか美味しかったですが、これからどんどん寒くなって行くんだろうなあ。

そんなことを思っていたらもう一時帰国が目前となってきました!
ここへ来たのは6月の頭で、約半年いましたが、本当にあっという間。
中にはほとんどライプツィヒにいない月なんかもありましたが、私なりにいっぱい動き回った半年だったと思います。
ちょっとドイツ語が抜けてしまいそうなので帰るのがもったいないなと思いつつも、日本に帰るのも楽しみな今日この頃です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA