秋限定ワインの話


ドイツの秋は天候が乱れがち。
晴れていたと思ったらザーッと雨が降り、どんより曇り空でまた晴れる。なんて気性の荒い天候でしょうか。w
気温もだんだんと寒くなってきて、ハイツング(暖房)もついONにしてしまいます・・。

さて、ドイツにはこの秋の時期しか店頭に並ばない『Federweißer』(フェーダーヴァイサー)/『Federroter』(フェーダーローター)というワインがあります。

こちら、発酵途中の若いワインということで、ドイツでは夏の終わり・・というか秋・・・・というか冬の始まり(泣)の時期にしか販売されません。
私はたまたま友達のお宅で頂いてしまいました。
旬のものを味わえるなんて、ラッキー*でございます。

 こちらが白。
こちらが赤。

どちらも、あま〜〜〜いです!
お酒が苦手な人でもいけちゃうんじゃないかな?
逆に辛口のワインがお好みの方はちょっと甘すぎちゃうかも?
ただし、とっても甘いですが、度数はそこそこあるので、飲み過ぎに注意です。
パカパカ飲んじゃって後でフラ〜なんてこともあり得ますよw

そして、このワイン、注意しなきゃいけないのが、ボトルのキャップがしっかりしまっていません!
これは発酵していないので、キャップで密封してしまうとボトルが破裂してしまう恐れがあるからだそうです。
スーパーで商品をレジに持って行くときも、横に置かず縦のまま店員さんに渡しましょう。
いつもは(ちょっと)乱暴な店員さんも(笑)これだけはきちんと丁寧に手渡ししてくれます。

私はあまり普段からワインは飲まないので(もっぱらビールビールビール)、存在すら知らなかったのですが、友人のおかげで知ることができました!やったー*

本当にこの時期(もう10月になったので置いていないと思います。だいたい9月中??)しかスーパーにも置いていないので、9月にドイツに来られる際はぜひゲットしてみてください。
ゲットの際はくれぐれもボトルを横にしないこと。注意してくださいね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA