時計が止まった!


ドイツに来て順調に過ごしていましたが、ちょっとしたトラブルが。
私は基本的に腕時計を毎日つけています。
時計1 時計2これこれこの子〜。
23歳の誕生日だか22歳のクリスマスに母親からもらった大事な腕時計です。
当時働き始めた私は毎月少しずつ貯金をして、この腕時計を買うぞ!!と部屋にこの時計のパンフレットの切り抜きを貼っていましたw
それを知った母親がプレゼントしてくれたのです**
その時からつけ続けているので、え〜っと、何年?8年とかつけ続けている大事な時計です。
まあもはや体の一部な感じですが、もちろんなんどもメンテナンスしながら使っています。

そんな時計の針が、ある朝突然・・と、止まった〜〜!!がーん!
そりゃ電池で動いている腕時計なのでいつかは止まるのですが、日本にいてもそんな何年に1回程度の時計の針よ・・ドイツで止まるか〜〜?!?!?!
ってちょっと焦りました。
別に腕時計をつけないで生活している人もいるんだし、なくったって平気なんだろうけれど、もう何年も、学生の時から腕時計はつける派の私。ないと不便!!!!

ということで、その日たまたまドイツ語が堪能な友人と会う予定だったので連れて行ったもらいました。
時計1時計屋さん!
ドイツにはガレリア・カウフホーフ(Galeria Kaufhof)というショッピングモールが各地にあって日本でいう百貨店のようなものです。
そこは品物もたくさんあるし、時計の修理も受け付けています。
最初にそこに入ったのですが、そこではこの時計の機種?は受け付けていないらしく、代わりにここへ行きなさい。と他の時計専門店の場所を教えてくれました。

そこへ行ってみると、はい。あっという間に直してくれました。まあ電池を入れるだけなんですが。
いわゆるドイツの職人さーんって感じのおじちゃんがパパッと直してくれました!
値段は9ユーロくらいだったかな?あっという間だったしやすかったし、大満足!
あ〜よかった。

ということで一瞬ひやっとしましたが、その日のうちに解決しちゃうというやっぱり強運続きのドイツライフでした。

時計が止まったらまずGaleria Kaufhofの時計売り場に行ってみることをお勧めしますよ*


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA