お鍋でご飯を炊く


こちらの家には、炊飯器がありません。
もちろん、売っていないことはありませんが、とても高いし、永住するわけではないので、買いません。
イギリスにいた頃は、電子レンジでご飯が炊ける容器(100円均一ショップに売ってある!)を使っていましたが、ここドイツの家は電子レンジもありません・・・!

仕方ないな・・・。
と思いながら、鍋でご飯を炊くことにしました。
やっぱり日本人ですもの。お米は食べたくなりますよね。
米は結構売っています。500gごとに袋に入って売っていて、値段も1ユーロしないので、手軽に買うことができます。
日本米は高いですが、milch reisというドイツのデザート(甘いお米のデザートです。)用のお米は炊くと、日本で食べるお米の食感に似ています。

さて、鍋でお米の炊き方です。
実はロンドンで鍋を(しかも友達に借りた)思いっきり焦がしてしまってから、鍋でお米を炊くのが怖くなってしまっていました。

まずは、お米を洗って、お鍋にお米と同量のお水を入れ、1時間ほどお水に米をつけておきます。
つけたら強火にかけ一気に沸騰させます。
沸騰したら、今度は弱火で10分。(もちろん蓋を閉めたまま)
こちらはガスじゃないので、一気に弱火にはならないから、コンロを移します。
10分経ったら、コンロから外し、蓋を閉めたまま10分間蒸らします。
以上!
結構綺麗にお米が炊けます。
失敗もほとんどなし。

一気に炊く量が多いと、お鍋の上の方と下の方でお米の硬さに差が出てしまうので、少量ずつ炊くことをお勧めします。
また、米に芯が残ってしまったら、そのうまく炊けていない部分のお米だけお鍋に入れて、お湯を入れ再度沸騰させたり、蒸らしたりを続けると、食べられるレベルにはなります。
つまり、失敗しちゃっても焦がさないがぎり、リカバリーが効来ます!
慣れちゃえば、簡単だし、炊飯器よりチャチャッと炊けるので、楽ですよ。今では3日に1回くらいお鍋でご飯を炊いています。

お試しあれ〜
写真は関係ないビールの写真ですw


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA