ベルリンへの旅②〜子供ミュージアムに行ってきた〜


さて、ベルリンで日独芸術祭へ行くというミッションをコンプリートした私ですが、せっかくベルリンに行くのだから・・・とある方にアポを取っていました。
こちらで出会った人が「この方に会ってみたらいいよ」と紹介してくれていて、本来なら9月頃にお会いしましょうか。となっていた方なんです。
たまたま私のベルリン行きが決まった日に、その方から別件でメッセージをいただいて、「あの〜実は日曜日にベルリンに行くんですが・・・」と言ったところ、「では、会いましょう!」という感じでトントン拍子にことが運び、無事お会い出来るアポが取れたのです。

「では、ベルリンの子供ニュージアムで!」
と待ち合わせたのですが、それがこちら・・。
子供ニュージアム1
なんなんだ、このスペース。そしてこの名称。
別に子供ミュージアムというのはベルリンが発祥なわけではなく、日本にも他の国にもあるそうなのですが、勉強不足な私はこの存在を知りませんでした。
子供ミュージアム3
お庭にあったこれ。
電話ボックスを改装して、本が置いてある!
誰でもレンタルできるのかな?おじさんが入って、本を物色していました。
このアイディアが素敵。

待ち合わせにやって来た方はここ、子供ミュージアムで働いている方で、一緒に中に入り、ミュージアムのこと、今の展示のことなどを一つ一つ詳しく説明してくれました。
子供ミュージアム2
展示の内容がわかる写真は自粛しますが、こちらはミュージアムの天井部分。
このミュージアム、もともとはロウソク工場だったとか。
なので、天井には工場だった時代から残っているものっがあります。
また、内装や外装をいじるには色々な条件があるらしく、空調が付いていなかったりします。まぁ、ドイツの夏は涼しいので全然苦にはならなかったです。
前に行ったドレスデンの元教会の劇場とか、本当にアイディアが面白くて、かつ素晴らしいですね。

そして、子供はもちろん大人にも興味が持てるような展示内容にする工夫や、子供といっても様々な年齢や背景を持った子供たちが来るので、それに対する対応などを聞かせていただき、心から興味深い午後を過ごしました。
また、このような聞かせていただいたお話の内容も、どこかで発表する機会があればいいなと思っています。

海外で日本人に会いに行くのも、私は良いと思います。

こちらに来て、もうすぐ2ヶ月。
本当にいろんな方にいろんな方を紹介していただき、いろんなところにお話を聞かせていただきに伺っています。
まだまだ紹介してもらう人は日本人が多いです。
ふと、7年前にロンドンにいた時のことを思い出しました。
「日本人とばっかりつるまないで・・・」
そんなことを誰かに言われたか、どこかで読んだかして、日本人とじゃなくて、もっと英語を使う環境にいよう!と思ったこともありました。
しかし、私はドイツに(イギリスにいた時も)、語学のスキルをアップさせるために来ているわけではありません。
もちろん、会話に関して、語学力があればもっとたくさんの方とお会い出来るチャンスが増えますし、まだまだこちらの方も頑張って行きます。
ですが、だからと言って「日本人と会っちゃいけない」そんなことはないと思います。
だって、本当に本当に、これだけは自信を持って言えますが、こっちに住んでる日本人、めちゃめちゃ面白い。
行動力、考え方、いろんな人の話を聞いて、本当に全員が素晴らしく毎回感動します。
今出会っている人たち一人一人全員、私はここドイツに来なければ出会わなかった人たちです。
そして、その人たちが新しい出会いをくれるのも事実です。
今、私はちょうどそんな循環の中にいます。
なんだか、本当に恵まれているな〜と思うと同時に、日本にいる頃に、「話を聞かせていただくことの重要性」を教えてもらっていてよかった、と思いました。

さ、今日はどんな出会いがあるかな?

・・・
ちなみにベルリンで2人の方から道を聞かれました。
そんなに堂々と歩いていたのかな?w


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA