ドレスデンへ小旅行①〜FlixBus編〜


  1. ちょっくらドレスデンに行ってきました。

ライプツィヒからドレスデンへはバスか電車を使って大体片道1時間半程度。
ドレスデンは日本でいう京都みたいな感じなので、今回ご縁ができていくことになって超ウキウキしていました。

ドイツは学生にとても優しい国で、学生であれば色々と割引価格で乗れてしまう事があるのですが、私のビザはワーホリ・・・。なのでバスを使用しました。
今回私が使ったのはFlixBusという会社。ドイツ国内から国外に至ってもたくさんのバスが出ていて、しかもお安い!ということでこちらを使いました。
https://www.flixbus.de
こちらが、FlixBusサイトです。
使ってみた結果はめっちゃ良い!!です!

まず片道5ユーロからなんていうお安さに、バスの中は快適。
Wi-Fiも飛んでいて、とってもゆったり過ごすことができます。
FlixBus1こちらがバス。
超黄緑だし、超目立っていますw
FlixBus4
こちらが、バスの前方部分。
必ず、自分の予約したバスの番号を確認しましょう。
私が乗った場所も、このように最終目的地はプラハになっています。
私の降りるのはドレスデンですが、ドレスデンは途中の駅ということですね。
番号を確認したら、QRコードを見せていざ乗り込みます。
QRコードはもちろん印刷でも大丈夫ですし、私は(今後たくさんお世話になだろうと踏んで)スマートフォンでアプリをダウンロードし(もちろん無料)、スマホの画面にQRコードを出して見せました。

中は自由席。
席は結構広々。
Flixbus3しかも、窓側の席にはコンセント付き!
Wi-Fiも飛んでいてコンセントも付いていたら、もう退屈しないですよね!
めちゃくちゃ快適でした。
まあ、半分以上は眠っていましたが。
降りるときは、本当にあっさりとアナウンスだけ流れて降りる人は降りるっていう感じなので、寝過ごすと大変です。
ドレスデン(ドイツ)までいくつもりだったのに、起きたらプラハ(チェコ)だった!なんてこともあるかも。w(さすがにないか)
だけど、私は一応、目覚ましをかけて起きました。

国内だけでなく国外も行ってくれるFlixBus。
私はEUのパスポートを持っていないので、国外へ行くにはパスポートが必要ですが、本当に、パスポートを忘れてしまいそうになるくらい、簡単に外国に行けてしまうのが、ヨーロッパの面白いところの一つですね。
*もちろん、外国へ行く場合は乗車の際にパスポートの提示を求められます。

ドレスデンには、劇場を見る目的で行きましたが、プチ観光もしたので、また少しずつ記事に書いて行きます。
今日は、バスについてでした!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA