鳥取におりました


先日31歳の誕生日を無事に迎えましたが、なんと31歳を迎える瞬間は鳥取におりました。
偶然に偶然が重なって、必然となる。
なんてよく言いますが、本当に凄いミラクルのオンパレードでした。

ミラクルミラクル。凄いミラクル。

鳥取へは、ある方にお会いしてお話を聞かせていただくのが目的で行きました。
ある方とは、廃校を買い取って学校を作られた方です。
聞かせていただいたお話はもう、本当に目から鱗なお話ばかりで、感動しました。
何かをなしえた方というのは、(当たり前なんだけど)全体的にポジティブ。
なんというか、お話を聞いていても、否定的なワードが出てきません。
「できると思いますよ。」
「夢物語には聞こえませんよ。」
そう言われると本当に嬉しいし心強い。そして、何よりそうやって生きてこられたからこそ、目的を達成されているんだな。と強く感じました。

そして、ミラクルの話です。
実はこの鳥取に行く同時期に、いつも大阪や神戸で受講させていただいている講座が鳥取であることを知りました。
それだけでなく、これまた同時期に、鳥取の鹿野というところに、私が今度ドイツでお世話になる方々がプロジェクトをするために泊まりこみで来られているという情報をキャッチ。
こんなにタイムリーにこれだけのことが1つの場所に集中するなんてことある?!
なんだか、大きな力を感じずにはいられませんでした。

行ったら行ったらで、まず行くときから「一緒に行きますか。」と声をかけてくださり、鳥取までも車に乗せてもらい、講座の後、鹿野まで移動しよう、という段階でも「鹿野まで帰るので、車乗りますか?」と送ってくださる方が現れたり、鹿野でも「泊まって行きますか?」と、居候させてもらった挙句、晩御飯までご馳走になってしまい、銭湯がしまってしまったからということでお風呂までなんとかしていただき・・・。
翌日、鹿野から鳥取駅の方まで戻るのも、車で迎えにきていただいただけでなく、「せっかく来たのだから。」といろんな場所を案内してくれたり、お昼ご飯までご馳走になってしまったり・・・。
・・・・・・・?!?!?!
なんなんだ、これは。

おそらくですが、「行きます!」と実際に行く人ってあんまりいないのではないかな。と感じました。
なので、「あなたに会うためにきました!」って人って珍しいのかもしれない。
「よく遠いところ来られましたね。」
「凄い行動力ですね。」
と良く言われます。でも今回は実際、私の体は移動しましたが、ほとんど誰かの力で移動させてもらいました・・・。

そしてこんな素晴らしいお話を聞かせていただいて・・・。なんやこれ。凄いな。。。と心から感じました。

なので、オススメです。
行動すること。やってみること。動いてみること。

とっても素敵な31歳の幕開けとなりました。
すなばコーヒー
こちら、鳥取で有名なすなば珈琲。
いっぱいお話を聞かせていただいた帰りに入りました。
スタバじゃないですよ。スナバです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA