ハンブルクへ行ってきた①〜フリックスバスの乗り場〜


ちょっとハンブルクまで行ってきたのです。
ドイツでシアターといえば、ハンブルク。
そしてお会いしたい人もいたので、よし!と出かけてきました。

移動は何と言ってもなんどもお世話になっているフリックスバス!
もう慣れているし、楽勝〜!と思っていたら、ライプツィヒのフリックスバスの乗り場が変わったらしい!
そんな情報を友達から聞いたので、気をつけていきました。

本当に、情報って大事〜!
まさか変わっていると思わないから、聞いていなかったら、ちゃんと確認もせずに前の乗り場に行ってしまうところでした。

因みに前の乗り場は、中央駅前の公園の横!
特に建物なんかはなく、道路に順番にバスが止まって行くので、自分のバスの時間になったら、バスの番号と行き先を確認する必要がありました。
また、公園の横だったので、夜中に一人で待つのはちょっと怖いかな?という場所でもありました。

新しくなった場所は、中央駅の向かって左側!
中央駅を正面にずんずん左へ進んでいけば出てきます。

でっかいバスターミナル。
いつの間にこんなものが建設されていたんだ?!
全然知りませんでした。

屋根があるのでもちろん雨風はしのげますし、中にはカフェもあります。(夜中はやっていませんが)
電光掲示板があって、どのバスが何番線につくのかもすぐにわかるし、とっても利用しやすくなっています。

トイレもあるので安心!
(たまにバスの中のトイレが壊れていることがあるからね汗)

ドイツ国内も、近場のヨーロッパだったら国外も、気軽な値段でいけてしまうフリックスバス。
中は電源もWi-Fiも飛んでいルシ、アジア人の私からしたら座席が広くて本当に快適。
使う人も多いのでしょうね。

今回ハンブルクへも片道19.9ユーロで行くことができました。安い!
夜行便ですが、途中ベルリンのZOBや空港にも止まるので、真っ暗じゃないと眠られない!という方には少ししんどいかも知れません。
私は帰りはどこの駅についたのかも分からないくらい爆睡でした…。

私もヘビーユーザーなフリックスバス、ライプツィヒの駅が変更になっていますので、利用する方は気をつけてください!
駅の、左です!左!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA