ブルガリアへの旅③〜ナショナルギャラリー〜


ブルガリアへの旅が続きます。
ちょっとお付き合いくださいね。

ブルガリアは野良犬が多い!
かなり堂々と野良犬様たちが生活しています。
もはや、道路の渡り方も人間並です。
車が来たら止まる。車がいったらわたるww
もはや人間です。
ただ、野良犬に噛まれたり襲われたりする事件もあるらしいので、変に刺激を与えないように気をつけます。

さて、ブルガリアで気になっていたナショナルギャラリーに行って来ました。
場所はブルガリアの象徴とも言えるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂のすぐ後ろなのですぐわかります。

私が行ったのは木曜日。
なんと木曜日は2レフ(100円くらい?!)の入場料で入ることができるラッキーデー!やったー!!
軽い気持ちで入館しました。

とにかく広い!!!
地下から3階までの展示数の数!
全世界の美術品が並んでいます!
そしてシーズンもあってか、もはや貸切ちゃうんか?っていうくらいの人のいなさ。
若干怖いです。
どのくらい貸切状態かというと、私が歩くと、カメラのセンサーが反応する「カチッ」という音が響く、私が歩いて初めて明かりがっつく(自動)、私が歩くとスタッフの人が起きる(寝るな!)、そのくらいの貸切状態でした。

見応えのある展示の数々。
ゆっくりみて回ったら1日でも足りないくらい。
私も半日くらい中にいました。
美術館などは基本的に一人でフワっと出かけるのが好きです。
できれば一杯ひっかけてから。
好きなところで立ち止まり、疲れたら座り、気になったことや心に湧き上がったことをメモしたりしながら歩くのが好きです。

終わったら大体抜け殻になるか、頭がパンクするか、アドレナリンが出るかのどれかなので、終わってからも一人で散歩するか、カフェで一休み(ビール)をするかのどちらかです。
なので誰かと旅行に行くときも(大概一人ですが)、美術館の前で「ここから別行動、*時に集合ね。」というのが楽。
本当、わがままですねw

今回も終わったら目をつけていた可愛いカフェで一休み。

描いた側のパワーを受けまくってしまい、もう呆然としてしまいました。

カフェでピザを。

余談ですが、ブルガリアはピザ屋が多い!
小さなキオスクのような場所でもピザを売っていることが多いです。
一杯食べたな・・

話は戻り、ナショナルギャラリー、ブルガリアに行かれる際、是非訪れてほしいスポットです。

中でも、私はギャラリーの3階にあった日本人の丸木夫妻の”原爆の絵”の中から”地獄”に衝撃を受けました。
勉強不足で、これまで丸木夫妻のことを知らなかったのですが、それはそれは衝撃でした。
これについては、また別で、必ず文章にしたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA