デンマークへの旅①〜ドイツから長距離バス〜


デンマークへ行ってきました。
1週間という期間でしたが、フォルケホイスコーレと言う市民学校で演劇の講師をさせてもらうと言う貴重な時間を過ごしました。

その頃、ドイツも結構冷えて来て暖房をつけ始めた時期だったので、デンマークはさぞ寒いだろう・・と内心ビクビクしていました。

カイロ
実は、ドイツに来るときに餞別でたくさんのカイロをいただいたのです!
これは持っていかなくては!
とたくさんのカイロを持って行きました。

さて、今日はデンマークへ行くまでのお話です。
と言うのも、こちらドイツのライプツィヒからデンマークのオーデンセ(フィン島)まで長距離バスで行ってきたのです。
その時間15・6時間。
長かった・・。
だけど、乗り物好きの私、そこまで苦になりませんでした。

お世話になったのはもちろんフリックスバス!

https://www.flixbus.de

もはやこのサイト、ブックマーク・お気に入りの中に入っています。
ドイツに来られる方は、入れておいたら良いと思います!
こちらに来て何回もおせわになりました。

さて、ライプツィヒからオーデンセ。
夕方16時のバスに乗って、まずはブレーメンまで。
ブレーメンに着くのは夜22時でした。
ブレーメン真っ暗なHauptbahnhof(中央駅)です。
ここに着くのが22時。次のデンマーク行きのバスが24時過ぎだったので2時間ちょっとのトランジット・・の予定でしたが、本当に着いたのは23時過ぎ。
はい。
フリックスバスは大体遅れます。
時間通りに来ないこともしばしば。慌てずにその場で待っていたら大丈夫ですし。携帯の番号を登録しておけば、「遅れてるよ〜」とショートメールが来ますし、アプリでも運行状況を確認することができるので安心してください。
1時間遅れでブレーメンに到着。

夜遅いので、基本的には駅構内で過ごそうと思いました。
バス停から駅へ移動して、ちょっと休憩。
ライプツィヒで買ったりんごを食べながら構内のベンチでゆっくりします。
構内は30分だけの時間限定ですがワイファイも飛んでいて、快適です。
ただ、いろんな人(トランジット以外)が居座っているらしく、どう見ても寝に来てるよね?と言う人は警備員だったり警察だったりに、「どきなさい。」と言われていました。
夜中でも警備員や警察がウロウロしてくれているところはある意味安心です。

じっとしておこうと思ったのですが、う〜ん。やっぱり・・と言うことで・・
ベックスバス停留所近くのケバブ屋さんでポメス(ポテト)とビールを。
長距離バス停留所近くには、遅くまでやっているマクドナルドやこんなケバブ屋さんもあるので、夜に時間を潰すには快適です。
飲んだビールはBECK’S。
ブレーメンのビールだそうです。まあ、ドイツ全土でも、日本でも飲めますよね*

ちなみに、私がここのお店に入ったのはビール以外にも理由が。
実は駅の中のトイレ(有料)は夜遅くは閉まっていたのです。
これからデンマークへ向かうバスは7時間。その前にトイレには行っておきたい!と言うことで、お店に入りました。
もちろんフリックスバスの中にもトイレはあります。
ただし・・!結構な高確率で壊れています・・!
バスの中でトイレに行きたいのに行けないという悲惨な状態にならないように先にトイレに行っておくことが大事です。

そんな感じで無事にバスが来て(1時間くらい遅れて到着)デンマークへ出発しました*


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA