ハンブルクに行ってました③〜シアターのレッスンPEM〜


さて、ハンブルクは雨予報だったのに、完全に青空。
「本当に私たちって晴れ女ね〜」と言いながら。ハンブルク8
電車の中から見える風景。
船着場が見えて本当に気持ちがいい。
時間があったら、この辺りもお散歩してみたかったな〜*
ハンブルクはきっと今後もちょくちょく来ることでしょう。ハンブルク9遠くに見えているのはライオンキングの劇場。
遠くからでも目立っていますね〜。
ドイツ語のライオンキングってどんなんだろう?
ちょっと気になります・・*

そう。ハンブルクの中央駅は面白いエレベーター?を発見しました。ハンブルク11

みてください。
これ、斜めに進むんです。wハンブルク10
隣は階段があって、その横をこの箱wが移動する感じ!
なんだこりゃ?!
こんなエレベーター初めてみた!
エレベーターの形をしたエスカレーターって感じですかね。面白いw

さて、今回ハンブルクに来たわけは、PEMという演技方法のレッスンを見学するためでした。
ハンブルクにはPEMシアターという場所があって、そこでレッスンや作品の上演などが行われています。
PEMという方法。私は聞いたことも見たこともありませんでした。
ただ、ちょっと聞いただけでも、これは只者ではないぞ?!という予感がしたので、お願いしてひっついて行きました。

この方法は、役者が個人的な感情や自身の経験から感情を引き出すのではなく、臓器を使って感情を作り出すという、今までにない演技方法です。
いや〜〜。参った。
正直、今まで(昔は)役者やって、(今では)演出もつけていたし、ヨーロッパの演劇もかじって、なんか分かった気になっていたけれど、全然分かってなかった!
というか、こんな方法もあるなんて、もっと早く知りたかった!
演技が上手いとか下手とかじゃなく、このほやり方だと演技にムラがなくなる・・!!
ちょっと私も驚きの連続でした。なんてこった・・。
ハンブルクに来てよかった・・。と心から思いました。
・・これは日本の役者さん、誰も知らないんじゃないかなぁ。

昔、役者として舞台に立っていた時に、「なんで泣けないの?!」と怒られたこと。気軽に(コラ・・)受けに行ったワークショップで、「泣け!!!!!!」と怒鳴られたこと。
ワァァ・・っと思い出しました。
あの時、この方法を知っていたら、やり方を知っていたらなぁ。なんて思いました。

たまたま便乗させてもらったこのハンブルクへの旅。
私にとってとても収穫のある旅となりました。
ドイツの国内ってほんと、それぞれの地域でカラーがあってめちゃくちゃ面白い!
私が住んでいるのは東ですが、北も南も、もちろん西も、全然違うんだなぁ。と改めて感じます。
そんなにドイツ国内はウロウロしないだろうと思ってドイツに来ましたが、とってもウロウロしているせんすでした**


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA