ウィーンへの旅⑤〜絶対オススメ・ワイナリー〜


ウィーンは2回目です。
なので、主要な観光名所は前回くるっと回っていました。(とはいえ七年ぶりなので記憶は薄れていますが)
なので友人が、日本のガイドブックにはきっと乗っていないであろう素敵な場所に連れて行ってくれました。
ウィーン15
はい。ここはどこでしょう。
ワインって書いてありますね。
ウィーン16
セントラルから小一時間くらい。
トラムの終点の駅を降りて、高級住宅街の中を登って行くと、こんな入り口が出てきます。
ここまで行く道の中でもたくさんのぶどう畑。
気分は上がります。
ウィーン17
私は今までこんな一面のぶどう畑を見たことがありません。
とっても綺麗。
また丁度日が暮れてきて、良い感じでした。
ウィーン18
そう、ここはワイナリー。
ワインを作っている畑の横で、とても美味しいワインをいただける夢のような場所です。
ウィーン19
いただいたのは、白ワイン。
喉が渇いていたので炭酸水で割っていただきます。
ウィーン20
しゅわしゅわ〜〜。
多くの人がワインを楽しんでいました。

なかなか一人では来れないうような場所。
地元の人しか知らないような素敵な場所を教えてもらってとても得した気分でした。
そして、ぶどう畑の隣で飲むワインはとてもとても美味しかった〜〜〜!!!
徐々に暮れていく夕陽を見ながらいただけるなんて、最高に贅沢。
こんな幸せな日があって良いのかと実感しました。

実は、この旅に出る前、少したびに出ること自体を躊躇したことがありました。
なぜなら、今はなんの生産性もない私。
つまり、お金は減って行くばっかりです。
こんなところまで来て、お金の心配をするなんて馬鹿げていると自分でも思いますが、この3月までは毎月お金(給料)が入ってくる身分だったので、正直怖くなることがあります。

だけど、ウィーンの丘の上で暮れていく夕陽を見つめながら、こんなこと一生のうちにあと何回あるんだろう。
とぼんやり考えていると、今できることを精一杯、力一杯やらないと勿体無いな。と思えるようになりました。

実際、何が正解かなんてわかりませんが、これからも考えながら、時には鈍感になりつつ、進んでいきたいと思います。

ウィーン21
帰り道はこんなに綺麗な満月が。
「ほら、やっぱり来て良かったでしょう。」と念を押されているような気がしました。

ワイナリーのページはこちらから。

http://www.wildgrube48.at/index.html


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA