ワルシャワという街④〜旅のおまけ。不思議なこと


ワルシャワで、内田さんの講座を受けた後、実はその日の夜行バスでライプツィヒに帰る予定でした。
セミナーは21時終了。
バスは23時。
しかも、ワルシャワのバスストップはセントラルから地下鉄で30分。
しかも、その日はポーランドの休日にあたり、セントラルにでるトラムの本数が少ない!
ヤバイ!
参った…!

と、思っていると…

受講生の中のポーランド人のカップルが『僕たちの車に乗って行きなよ。』と…。
なんと、私のバスストップのとても近くに住んでいるそうで、乗せて行ってくれるとのこと。
内田さんの講座は、ペアワークやディスカッションが多く行われるので、自然とみんな、仲良くなります。
え、いいの?
『ダンケシェン!いや、チンクイエ!(ポーランド語でありがとう。)』

と言うわけでどこで身に付けたのか、またまた強運の女神が私の元に…!
しかも、『どこも開いてない(祝日だから)けど、バスの中でお腹空くでしょ?うちでご飯食べて行きなよ!』
と、お宅でご飯まで頂いてしまいました。。

最後はバスの乗り場まで連れて行ってくれて、『またポーランドに来るときは知らせてね!』と。
なんて、素晴らしい人たち。。
ワルシャワ12
こちらは、お宅にいためちゃ人懐っこい猫ちゃん。
猫はたまに苦手ですが、人懐っこい子は最近好きです。

そして、帰りはワルシャワからベルリン乗り換えのライプツィヒまで。
ワルシャワ➡︎ベルリン間はポルスキバスです!
ここでちょっと注意が!
私はフリックスバスのサイトで予約しましたが、来るのはポルスキバス。
フリックスバスのサイトでは座席指定が出来ませんが、ポルスキバスでは出来ます。
なので、ポルスキバスのサイトで取った人たちが予約していない席に着く必要があります!
結構もめている人がいました…!
私はこれも本当にたまたま、座った席に誰も座ってこなかったので(途中の下車駅も含めて)ラッキーなことにベルリンまでノンストレスで過ごすことが出来ました。

やっぱり、強運が続いたこのポーランドの旅。
旅のご縁を大切に…次はどこに行こうかな?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA