ヴロツワフという街③〜ポーランド語でビールはpiwoです〜


私がこの街に来ようと思ったきっかけ。
これが全てと言っても過言では在りません。
はい。どーん。
ヴルツワフビール1本場ポーランド人も唸るくらいサイコーのクラフトビールがあるとのこと・・・!
行かないわけにいかないでしょ!!
”Restauracja Spiż”
スピージュ??かな?ポーランド語の発音は本当に難しいです・・・!
どうしてもここに来たくて、様々な人のブログなどを頼りに行って来ました!
旧市街の真ん中あたり広場に面してお店はあります。
ヴルツワフビール4こちらの銅像が目印。
近くに小人もいっぱいいるよ。
この銅像の後ろにスピージュと書いたテントが出ていますが、これは簡易バー。
もちろんこれも美味しいのでしょうが。私があのでっかい樽から注いでもらったやつを飲みたいんだ!!
ヴルツワフビール5
お店の入り口はこちらの右側。
12時からのオープンなので気をつけてください。
(外のバーはもっと早くからあいていました。)
私は焦って早く行き過ぎてしまい、閉まっていたので、も!もしかして日曜日だから休みなのかも?!このために(大げさ)ヴロツワフに来たのに!!と思ってしまいました。
12時になったら休日でもオープンしているので安心してください。
ヴルツワフビール2お店は地下にあります。
さっきのドアを開けてこの絵に向かって階段を降りていくをバーがあります。
すっごい古いのかな?と思いましたが、1990年代オープン。そこまで古くないですね。
ヴルツワフビール3ビールのメニューはこちら。
AIPAとさくらんぼビール以外、飲みましたwww
面白かったのが、はちみつビール。本当にtheはちみつでした!
初体験!
あとは三月ビールっていうのもポーランドではよくあるビールみたいです・・・が起源はドイツだそう(ネット調べ)。
一番上のヤスネがポーランドでお馴染みのビールだとか。
・・・はっきり言って上から順番に飲んだので、あんまり味の記憶がありませんw
しかも最初の一杯は0.3リットルを頼んだのに、だんだん物足りなくなって来て次からは0.5リットルでw
一体この日何リットル飲んだのだろう?_
しかも、席についてすぐ隣で飲んでいた人(しかも彼が飲んでいたのは1リットル!)と仲良くなってしまい、会話も弾む弾む。
やっぱりビールって会話をしながら酔っ払うのが一番楽しいんですよねーーー。

そして、気軽に隣に座っている人と仲良くなれる。
次の予定も行かないといけないところもないので、自分の好きに計画できる。
これだから一人旅は辞められないんですよね〜〜!

ヴロツワフの街を歩きつつふと、「どうして私は今ここにいるんだろう。」と感じました。
出た結論は「おそらく私は根っからの旅人なんだろうな。」でした。
人が好きでアートが生きがいで。
だけど、何にも縛られず見知らぬ土地を歩くことが私にとって非常に大切な時間なのです。

ああ、これだから人間辞められない。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA