ブロツワフという街①


明け方というか深夜3時のバスに乗り、ポーランドのヴロツワフという街に来ています。
お世話になったのは、はーい。
いつものフリックスバスさま!
前日にチケット取ったのに25ユーロで移動しちゃいました。
深夜ということでタクシーを呼ぼうかな、それともトラムの終電で行って中央駅で待とうかな・・・など考えていました。
が!
夜一緒に飲んでいた友人3人が送って行ってあげるよ!と。
3人しかも男の子が付いて来てくれるというならそれは心強い。
ということで、3人も従えて駅(バス停)まで向かいました。
やっぱり日本でも海外でも夜道に女子1人は危険です。
無事バス停までつき、バスに乗り込むことができました。

今回のバスは乗り換えの必要があります。(サイトでチケットをとるとき、またアプリで表示がありますので安心です)
ドレスデンの中央駅にて1時間半のトランジットです。
ドレスデンで降りなければ、プラハまで行ってしまうバスなのでご注意を!
荷物は預ける際に「ドレスデン」と言えば、手前の方に入れてくれます。

問題なく発車しドレスデンまで。
私はバスや電車の移動が好きな方なのですが(飛行機より断然好き!!)夜行はねれる時とねれない時に分かれます。
でも、私の場合、寝よう!と思うと寝られなくなるので、寝れたら寝よう〜。くらいの気持ちで乗ります。
夜行なので景色が真っ暗でみられないのが残念ですが、ぼんやり考え事をしたり瞑想したりします。
結構こういう時に、作品の新たなアイディアが湧いて来たりします。
ドレスデンでの1時間半の乗り換えは夜が明けるか明けないかの時だったので、迷わず中央駅の中へ!
駅の中には始発も近いのもあってお店が開店準備していたり警備員さんがいたりするので路上で待つより安全かと思います。

次のバス停もチェックしゆったり待っていました。
すると3人もの人にバスの乗り継ぎについて聞かれました。
・・・。
私は海外でよく道を聞かれます。
ベルリンでも聞かれたし・・・。
私の隣で待っているドイツ人(もしくはポーランド人?)のおばさまやおじさまの方がよく知ってると思うけどなぁ・・・。
そんなに聞きやすい顔をしているのでしょうか。
もしくは、そんなに堂々としてる??わかってそうな顔?w
みんな、私と同じバスだったので、こうだと思う。と答えましたが私も初めて乗る便なので、これで間違っていたら全員が私を恨むのか?と思うとちょっとドキドキ。
まぁ、普通にバスが来て、普通に乗れましたが。
私はEUの人じゃないので、ここでパスポートを見られるだろうな、と思い、パスポートを握っていましたが、全く何のチェックもされず、バスは発車。
ヴロツワフについた時もチェックはなし。もう国境ってあってないようなものですね。

ドレスデンからヴロツワフも3時間半くらい。
夜が明けて来て外も見えたので、景色を見たり、眠ったりしながらゆっくり楽しく過ごしました。
これも、降りずにそのまま乗っているとクラクフまで行ってしまうバスなので、アラームはかけて乗りました。
WiFiも飛んでいるので飽きません。

というわけで、無事にヴロツワフに到着。
また、旅行記はゆっくり書きたいと思います。

バスの写真は前回のものを再利用w
国をまたぐ時は、違うバス(提携している会社のものかと)が来ますが、前方の番号をチェックしておけば大丈夫です。

FlixBus1


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA