YUKUEを観て欲しい理由1


2019年2月12日19時。
一夜限りのショーをやります。
その名はYUKUE。

この際だから話そうと思う。
どうして、YUKUEが生まれたのか。
生もうと決めたのか。

元々、3000人規模のお客さんの前に現れるはずだった企画から、私は退いた。
円満に別れたと言って良い。
ここは。
深く言わない。

私も良い大人だし、昔からしたらだいぶん角が取れたと思う。
理解して、納得して、反省までした。
実力不足なんだ、とそれなりに。

日本に帰ってまた1からだ、と思っていた。
だけど、日本に帰国して初めてのイベント。
15人の客席を見て、凄く、色んなものが込み上げてきた。
1からじゃない、15からだし。
この会場のキャパ的には15人入れば埋まって見えるような会場だし。
イベントだし。

だけど、正直な話。

悔しかった。
今年の2月に、amhallで見た景色とはまるで違っていた。
これまで自分がプロデュースして来た公演で見る景色とも全然違った。
イベント自体が失敗だったと言っている訳じゃない。

だけど、完全に悔しかった。
腹が立った。自分に。
ちっちゃい事をした自分に。
お客さんが呼べなくても採算の合う様な事をした自分に。

イベント自体は失敗じゃないよ。
同じようなイベントは続けていきたいと思っているし。

だけど、そう言う問題じゃない。

自分のショボさに腹が立った。
基本的にお客さんの前で話したりしない私だけど、ここで宣言しないと女が廃るとおもった。
女が廃ると言うか、“せんす“が廃る。

終演後、『ちょっと良いですか。』とお客さんの前に立った。
出演者にも何も伝えていなかったので、ポカンとしていた。

自分の気持ちを素直に話した。

正直に、悔しいと。
正直に、ここからスタートすると。
正直に、必ず大きな場所でやると。
正直に、応援してほしいと。

人は正直に話すと感情が動く。
涙が溢れてしまった。

あまり悲しい気持ちを共有する事に慣れていない私にとっては、とても恥ずかしかった。
だけど、溢れてしまった。

そこから…

実際その日にその客席の中にいた方からご縁を頂きました。

2月12日
BIGCAT

ごめんなさい。
正直に告白します。
行ったことも、見たこともない、知らない場所でした。

『O CAT?あの、難波の?』
『いえ、BIGCATです。心斎橋です。』

と、トンチンカンなやり取りをしたくらい。

ライブハウスだそうだから
ミュージシャンの友達に聞いてみた。

『それは、凄いことやで。』
『なんでなん、いくら払ったん?』
『コケたらヤバイ箱やで。』

ざっくり、こんな返事が返って来た。
なんとなくだけど、BIGCATという言葉に周りがざわついているのが分かった。

一瞬で心が決まった。

やる。

私だけのアートをやる。

BIGCATで、見たことのない景色を見る!

瞬時に頭の中には何人かの顔が浮かぶ。

もう、いいや。
無茶だと思ってくれて良い。
お金(ギャラ)はほとんど出せない。
笑われても良い。
BIGCATの事を聞いた時のように、『コケたらヤバイで。』とか、言われるかも知れない。
そうなったら、その人とは一緒にやらなければ良い。
妥協はしたくない。

信頼できるメンバーに声を掛けた。
キャストも、スタッフも、駄目元だった。
わたしには未知だったから。

即答。

だった。

『やるよ!』『やるに決まってるやん!』

ラインの向こうで正直泣いた。
私はまた、いつものしょーもない被害妄想で、彼らからの信頼までも消そうとしていたから。

朝四時まで電話で相談にのってくれた奴もいる。
東京から駆け付けてくれる奴。
大事な仕事を蹴ってまで出てくれる奴。
予算度外視で、面白い!やってみよう!と言ってくれる人。

(何人か被ってるけどw)

一気に動いた。

やろう。

私はセルフプロデュースが苦手だ。
一人で何かするのが苦手だ。
基本的には現場で考えたい。
誰かと一緒に走りたい。

そして、私と一緒にまだ走ってくれる人がいた!

絶対にこけない。
こけさせない。
最後まで走りきる。

実はここに、もう一人キーパーソンがいるんだけど、その話はまた今度。

私が貫きたいものが何か、が分かると思う。
私が守りたいものが何か、が分かると思う。

だから、お願い。
目撃してください。
後悔させないからね。

https://t.livepocket.jp/e/2_425

↑チケットご予約はこちらから。

シュワっとね


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA