これって引き寄せ?


またまた旅路でございます。せんすです。
あれやこらやあって語学学校に行けないので、旅に出ました。
行き先はポーランド。
この記事が投稿される頃には国境を超えていると思います。
また、ポーランドの記事も書きますね。

にしても、ロンドン然り、ポーランド然り、何らかの意味があって行くのですが、基本的に人にお会いする事が目的です。
ドイツに来るまでは、ヨーロッパに来たのだから、ここも行きたいなあそこも行ってみたいな。と今まで行ったことのない場所を挙げては想像していましたが、面白いことに、今のところご縁があるのは、今まで行ったことのある国ばかり。ポーランドも5年ほど前かな?に来ました。
その時はワルシャワとクラクフ➡︎アウシュビッツ/ビルケナウに行きましたが、今回はヴロツワフと言う街を経由してワルシャワ。
帰りはワルシャワからライプツィヒまで一気に帰ります。
…バスで。
ええ、頑張ります…!

さて、今日はまだドイツでのお話。

実は先日、ちょこっとした機会があり、ドイツで歌って来ました✳︎
そんな大したことは無いのですが、まぁ、暇な時に稽古でもしようと家族に送ってもらった楽譜があり、たまたまピアノを弾く方と仲良くなり、たまたま音楽のイベントがあり、たまたま…『何かやろう!』と言うことになりました。
歌ったのはメンデルスゾーンの『歌の翼』とシューベルトの『Do bist die Ruh』。
バッハもやりたかったのですが、たった一回の合わせでバッハのアリアは難しいものがありまして…💦

私は長年声楽をやっているのですが、その先生にドイツ行きを告げた時、『ドイツで歌う機会があった時の用にいくつか持ち歌を作りましょう。』と言われ、ドイツ語の歌を集中的にやっていただいたのです。
まぁでも正直『いやいや、ドイツで歌う機会なんか無いでしょ。』と思ってました。
日本でも人前で歌ってないのに、ドイツでなんて、ねぇ?
なのに、ドイツに来て、まぁこんな機会に恵まれたわけです。

…ある尊敬している方のこんな言葉を思い出しました。
自分でこうなりたい!こんなことをしたい!と願うよりも誰かにこうなるよ!こうできるよ!と断言してもらう方が、その願いは叶いやすい。
いやー、まさにその通りだと感じました。
先生が断言された通りになってる…!と驚きました。
つまり、誰かにそう断言されると言うことは、その誰かに応援してもらっていると言うこと。
引き寄せの法則って、自分だけで出来るものではなく、もっと大きな力、つまり自分以外の誰かの願いによって成り立っているんだなぁ。と感じました。

…歌ってる写真?
もちろん、ありません!
ビールの写真でさようなら〜〜


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA