ネザーランドワーフの あくびさん の話


実は私がドイツに発つ2週間前。

毎日のようにパソコンに向かって執筆の仕事をしていたので、頭も体も凝り固まってしまい、夫くんに「ちょっとドライブでも行こうよ。」と言ったのが始まりでした。

動物が好きな私たちなので、「ペットショップでも行くか〜」という軽いデートのノリ。

その日に出会ってしまったんですね。
このちっこいウサギに。

以前、ハリネズミを飼っていたので、ゲージはうちにあって、でもまたペットを飼うとどうしても必ずくるお別れの日。
私たち夫婦も分かっていたので、まさかまたペットを飼うなんて考えはありませんでした。

でも、どうしても可愛い!
何より、この子を見つけたときの夫の少年のような顔…。

どうせ私は後2週間でいなくなるし、基本的に外には出ない引きこもり体質の夫。
家でずっとゲームばかりしている夫。

ハリネズミ(その名をポッケさんと言いました)を唯一無二の親友としてめちゃくちゃ可愛がっていた夫。

う〜〜〜ん。

結構迷いました。
一回落ち着こう。と犬猫コーナーに行ってみたりw

何度行っても、夫のキラキラした目。
「名前はひろ(私)が決めていいから!」
ってどんな交渉やねん…。

彼がしっかり動物の世話をしてくれるのは間違いないし、出かけることをほぼしない人なので、うさちゃんが寂しがることもないやろうけど…。

「じゃ、飼おうか。」
と言った時の夫くんのキラキラした瞳。
良かったな。

君の名前は何かな〜?
って覗きこんだ時にふぁ〜って。したんですね。
あくび💙

その瞬間名前は決まりました。
”あくびちゃん”です。かわい。

保険にも入って、用意も揃えて、いざおうちに連れて帰りました。

ゲージは前のハリネズミのポッケさんもウサギ用のゲージで飼っていたのでそれを使うことに。
うさちゃんはウンチをコロコロプリプリしますので、ゲージにひくスノコ(ハリネズミはオガクズを敷き詰めてた)、トイレ、トイレシート、チモシー(草)、ペレット2種類(カリカリの餌)、新しい給水機、などを揃えました。

うちに連れて帰って、ビクビクするかな、と思ったのですが、なんかスーパーリラックスなご様子。

一応環境に慣れるまでは、放っておいてあげることが大切と聞いたので、餌とトイレをかえる時以外は、触らないようにしてくださいね〜。と言われました。

触りたいけど、我慢ね。

これが、ブログでは初公開。
うちの、あくびちゃんです。
当時、まだ生後1ヶ月とちょっと。


今は結構大きくなっているとか。
私がドイツにいる間に、大きくなっちゃうのかな。

まあ、夫を癒してくれているでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA