稽古な日々


どうもです。
ロックミュージカル「BELIEVE」稽古しております。

イベントや打ち合わせ、もちろん他の仕事もしていますが、今の頭は基本的にBELIEVEです。
色々なことをいっぺんに考えるのは好きですが、ある程度は目の前のことに集中しないと、ですね。

今回は初めて仕事をする人が多いので、稽古場では何と言うか、お互い手探りです。
でも、この手探り感、嫌いじゃありません。
むしろ、好きです。

私は稽古のことを”ディバイジング”と言ったりします。
”ディバイジング”とは直訳すると発明するとか工夫するとかって言う意味なんですが、演劇の用語では”集団で創造する”と言うやり方のことを指します。

私はシアターアーツ出身なので、どうしても演出するというよりに、共に作っていく、作り上げていくことに重きをおくことになります。
もちろん演出はつけますが、それ以上に作品への理解やそれぞれの解釈を大切にする演出家だと思います。
なので、役者もスタッフも私と同じくらい脚本を読んでほしいし、作品にも向き合ってほしいです。

稽古を重ねるにあたって、すこ〜しずつ全体の意識が変わっていく瞬間に毎回立ち会えて嬉しい限りです。
こちら、女優陣と。
昨日は女優陣メインの稽古でした。
女の人は綺麗ですね。
綺麗な人が我を忘れて稽古にはまっていく瞬間が素敵です。

こちらは、我らがボスと、アンダーキャストの二人と。
アンダーキャストって本役以上に大変です。
だけど、こんな経験若いころしかできない!
アンダーになったら、本役の人にくっついて、演出家にくっついて、稽古場にくっついて、稽古に向かったものです。
一番に稽古場に入って、お掃除したり、準備したり、したものです。(懐)

(今どれだけキラキラしている人でも、そんな経験があるんですよ〜。
もちろんない人もいるけどね。それぞれです。どっちが良いとかっていう話でもありません。)

それでも、本番に出られるのは本役の人だけ。
切ない現場ですが、こんな勉強になることは人生のうちにもう2度とないかもしれません。
頑張るのだよ〜!!と、こちら親心です。

そんな色々な面々と向き合って、いろんな感情が生まれます。
だけど、やっぱり、一番勉強させてもらって成長させてもらっているのは、他でもない、私自身なんだよな〜。と感じています。
絶対言いませんけど。稽古場では。(笑)

今朝も朝から打ち合わせ。
製作陣も頑張っていますよ*


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA