俳優向けWS、大阪で開催します*今の私の想いの全てです。読んでください。*


こんにちは。
日本は桜が咲き出したとか。
こちらはまだ雪が残っていますが、少しず〜〜つ暖かくなってきた…かな?と言う感じです。

俳優向けのワークショップを大阪でやります。

さて、4月末に一時帰国する私ですが、その際に俳優向けのワークショップを大阪でやることになりました!!

ずっとやりたかった俳優向けのワークショップ。
満を辞して今回出来ることとなりました!
ヨーロッパから…なんて大層なことを言うつもりはありません。
ただ、私が日本の演劇界で感じていたこと、ヨーロッパに来て感じたこと、また日本に戻って感じていること。
そのあたりを出し惜しみなく、皆さんに伝えられたらな、と思っています。

私は作品を通して何かを伝えることはあまりありません。
作品は発表した時点で、作者や演出家のものではなくなると考えているからです。
観客の皆さんに自由にある種能動的に受け取ってもらうのが私の作品の特徴だと思っています。

ただ、教育者、指導者としての私には伝えたいことがあります。
考えがあります。
そして、変えたいことがあります。
人生をかけて作りたいものがあります。

私は本気で世の中を変えたいと思っています。
そしてそのためには私の中で人生のツールであるアート、芸術を使うしかないのです。
そのためには、現在俳優として活動されている人へのアプローチも私にとって欠かせない大切な行動です。

とても大げさなことに聞こえるかもしれません。
世の中を変えたいって、そんなこと本気で考えてたの?!って思われるかもしれません。
ですが、じゃないとわざわざお金も時間もかけて、大切なものを捨ててまで世界に出て来ません。

私は、教育を変え、世の中を変え、日本を豊かな国にしたいのです。

私たちの未来である子供たちに均等にたくさんの視点を与えたいのです。
子供たちを、決まったレールに乗せたらいけない。
”常識”を大人の、国の、都合で教えてはいけない。
この島国日本で、資源に限りのある、限りが見えて来ているこの地球で、真の豊かさとは何か。
お金なのか?モノなのか?
お金やモノに満たされた結果、心が死んでいってるのではないか。
それが今の日本じゃないのか?
そんな将来を”当たり前”として子供達に押し付けてはいけない。
そのために私ができること。
それは私自身を救ってくれた”アートの力”を信じることなのです。
それを使って、豊かな心を伝え、一人でも多くの人にアプローチをかけたいのです。

教師をやり、また自らの人生を歩んでいく中で、「全員は救えない。」と言う壁になんどもぶち当たりました。
その度に、自分の小ささを実感して来ました。
「どうして救えなかったんだろう。」と泣いてしまったこともありました。
だけど、全員が救えないからやらないのは筋が違います。
0→1にするのが私の職業です。
ならば、対1人にでも伝え、少しずつでも意識を変えていくことが必要なんじゃないかと考えています。

今回は、指導者としての私として受講者の皆さんと一緒に考えます。演出家とは違います。
なんのために演劇をしているのですか?
自分のためでしょうか?
なんのために演劇を続けていくのでしょう?
有名になるためでしょうか?

もっともっと奥底にあるアーティストである自分を思い出してみませんか?
俳優とは観客を巻き込む、観客の人生さえも変えうる素晴らしい職業です。
アーティストとは、アート、芸術を使い、世の中を変えていくことのできる職業です。

私は今回の俳優向けワークショップはその第1歩だと考えています。
少人数制にはなりますが、本気で共にやろうと手を挙げてくれる人、本気で募集します。

概要はこちらから

せんすWS

お問い合わせはいつでもどうぞ

info@sens-of-wonder.com


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA