美味しい野菜が食べたくなったら

ドイツ国内に結構あるこのお店。
dean&david 。
dean&david1
ライプツィヒにもありますし、主要な駅の構内などにもあります。
サラダのお店です。
このマークが目印です*
dean&david13
野菜や果物が美味しいヨーロッパですが、特に一人暮らしだと栄養が偏りがち・・。
私も生野菜を家で食べるのは面倒だな・・。と思ってあまり口にしない日もあります。
そんな時は、このお店。
とっても便利!

もちろんサラダだけではなく、サンドウィッチやカレーなど他のメニューもありますよ。
どれもお野菜が多く使われていて、味もとても美味しいです。
見つけるとつい、入ってしまう、そんなお店です。

また、健康的なドリンクも販売していて、中でも私のオススメはチアシード入りのドリンク。
朝飲むと、元気が出ます*
日本にいるときはそんなに健康のことなんて考えていませんでしたが、こちらに来てからは時間に余裕があるからか、美味しいもの、そして体に良いものが食べたいなぁ。と感じることが多くあります。
チアシードなんて、こちらに来るまでは手にしたことすらありませんでしたから・・!

dean&david2

こちらが店内の様子。
これは駅の構内にある店舗の様子です。
特に旅行をしていたり、外食が増えて来ると「あー野菜摂ってないなぁ・・」と感じることがありませんか。(私はあります)
そんな時は、是非dean&davidを利用してみてください*

・・・書いていたら食べたくなって来たw
今度街に行く時は、dean&davidでランチかな?

お店のURLは以下の通りです。

dean&david

ドイツ携帯SIMカード事情

こちらに来て3ヶ月目くらいまで、なんと携帯電話を持たずに生活していました。
とはいえ、日本で使っていたiPhoneをそのまま生かして(基本料金の未払い続けるプラン)持って来たので、Wi-Fi環境にさえいれば、タブレットとして使えますし、日本からの電話も受け取ることができます。
*ただし、日本からの電話を取ってしまうと私に海外通話料金がプラスされてしまうので、緊急時以外は出ない(取らない)ようにします。実際そんなに電話はかかって来ません。
*海外でも日本のままの”データローミング”がオンになっていると、海外のネットワークに勝手につながってしまいます。そして勝手にどんどん受診してしまいますので要注意!”データローミング”は必ずオフにしておきましょう!!これ、ミスるとかなり痛いです!

私は日本から緊急時、連絡が取れるためにこうして来ましたが、周りの日本から来た人は大体以下の2つの方法でした。
*携帯を解約してくる
・・・解約している時点で、ネットワークにはつながりません。ただタブレットとしての機能はあるのでWi-Fiがあれば使えます。こちらで新たな携帯を購入される方が多いです。
*SIMフリーのものにしてくる
・・・SIMフリーの携帯。今ではどこの携帯ショップでも売っているそうです。SIMカードをこちらで抜き、こちらでSIMカードを買って、こちらの形態として使用されています。
なるほど。7年前に留学した時とは事情が違うから、もっとリサーチすればよかったかな、と思っています。

ただし、私は途中で日本に帰るので、日本の携帯を生かしておくのもアリだったかな、とも思っています。

そして、私はまあまあ不自由なく暮らしていたのですが、やっぱり、こちらで待ち合わせなどをするときに、いちいちWi-Fiエリアを探すのには時間がかかり・・また人と会わせていただいたり、アポを取る際にこちらの番号がないのもなぁ・・と思っていたところ・・
ドイツ 携帯
ジャーン。
「スマホに変えるから、これあげる。」
といただいてしまいました〜〜!ラッキー!
イギリスでもこんな感じの小さいちょっと懐かしい携帯を使っていました。
できるのは、電話とテキスト(ショートメール)のみ。
だけど、やっぱり待ち合わせとか、「今どこ〜?」とか聞くのに便利です!!

この完全なガラケー(でもちょっと可愛くない??)を手にいれた私は、SIMカードを買いに行きました。
今、ドイツではSIMカードを買うためには、パスポートとドイツでの住民登録をした際の用紙が必要です。
実は、これ結構重要。これがなかったらどこのお店も売ってくれません。
テロ対策だとか。
昔イギリスではスーパーやキオスクでも買えたのに。
・・物騒な時代です。
SIMカード
ドイツ語が堪能な友達に手伝ってもらい、無事購入。
やっと4ヶ月目にしてこちらの電話番号と携帯電話を手に入れることができました!

こちらでSIMカードを買おうと思っている皆さん。パスポートと住民登録は必須です。必ず持参してくださいね!

恩送り

実は今週もものすごく飛び回っていたせんすです。
久しぶりにクタクタで、ミスをしてしまったり、忘れ物をしたり・・。
そんな珍道中の話もゆっくりアップしていきたいと思いますが、今日は恩送りのお話。

本当に旅の間もそうですが、びっくりするくらい様々な人に助けてもらっています。
もうそれは、簡単にご恩をお返しすることなんてできないくらい。
やっぱり異国だったら一人ではそうしようもならないことがたくさんあります。
「すみません、助けてください。」とお願いする場面もたくさんあります。
たった一人でオロオロすることもあります。
そんな時に、手を差し伸べてくれるとどれだけありがたいか。

「こんなことあるよ。」「こんな人がいるよ。」と紹介してくれる人もたくさん。
友達の友達。というだけで、会ったこともないのに、お家に泊まらせてくれたり、食事をいただいたり。

初めの頃はラッキー、ラッキーと思っていましたが、だんだんとラッキーが過ぎて怖くなって来ました。
こんなにしてもらって、どうやって返せばいいんだろう??

・・・ご恩ってその方に直接お返しするのは難しいかもしれません。
ある学校の理事長先生がこんなことを言っていました。
「私は今までたくさんの先人に助けてもらいました。この歳になると先人たちは先に逝ってしまい、恩返しすることはできません。なのであなたのような若い人に恩を送りたいと思っているのです。」
また、ドイツで助けてくれた友達は
「日本に留学していた時にたくさんの日本人に助けてもらった。だから今度は僕があなたを助けます。」
ふと、最近これらの言葉を思い出しました。
私は多くのご恩をいただいています。
このご恩はきっと、誰かに送っていかないといけないんだな、と。

私にできることってなんだろう。
まだまだ探している途中ですが、きっと私にできることもあるので、いただいたご恩を送っていきたいと思っています。
そんなことを改めて思えるくらい、日々誰かのお陰で生きています。

写真はウィーンで、泊めてくれた7年前の同級生。
彼女にもたくさんの恩をもらいました。
ロンドンで私が弱っていた時に、そばにいてくれたっけ。
授業でわからないところはよく丁寧に教えてくれました。
あの頃から7年も経ったのかと思うとびっくりしますが、今こうやってヨーロッパで再会し、また家にも泊めてもらいました。
なんだかやっぱり、人間っていいな**

これが本当のビアガーデンです!

2年前にライプツィヒを訪れたときに「ビアガーデンに行きましょう!」と連れて行ってもらったところがあります。
ビアガーデンというと、都会のビルの屋上で、バイキングを食べながらエンドレスに酒(ビール)を飲む・・。
これを思い浮かべますよね。
もちろん、このビアガーデンも大好きです。

そう言われた私は「ビアガーデン?ライプツィヒにあるの?」とついて行ってみると・・
ジャーン!!
ビアガルテン2
じゃじゃーーん!!
ビアガルテン3
お?
おおお?!?!
マジで!庭!!
そうか。ビアガーデンだもんね。ビールのお庭だもんね。
これが本来の姿だ確かに!!
ドイツ語風に言ったら「ビアガルテン」でしょうか。
そうなんです。2年前に行って忘れられなかったドイツのビアガルテン。
ついに再会を果たしてきました。
変わらず、ザお庭でした。
お庭でいただくビール。あ〜〜。気持ちい。
ちょっとすでに肌寒かったですが、ドイツ最後の夏!ということでビアガルテンを楽しんで参りました。
ビアガルテン1
そして私の大好きなライプツィヒの地ビールゴーゼさんもいただけました。
満足・・。つい、話も盛り上がり、キャッシュオンなので、カウンターへの足が伸びてしまいますね。
ここの名物はこちら
ビアガルテン4
ドーン!
その場で焼いてくれるなんともボリューミーなハンバーガー。
こっちの肉肉しい感じのお料理にも慣れてきてしまいましたw
しかし、ハンバーガーは絶品。
美味しかったなぁ。また食べたい。

こちら、結構ローカルな場所にありまして、隠れ家的なので、URLなどの情報はありません。
夏にライプツィヒに来られる方などで、知りたい方はこっそり探してみてください。

実は最近ドイツ国内も方々へ飛び回っているのですが(ブログだけ読んでいると遊びまくっているようですが、そうではないですからね!!w)、いろんなところにこのようなビアガルテンはあるみたいです。
お庭で飲むって素敵〜!日本にもあったらいいのに。
・・・だけど、日本のあのスーツでごった返す無礼講なビルの上のビアガーデンもちょっとだけ懐かしくなったりw
ないものねだりですね。
だけど、ビールは美味しいw

これからも、たくさんビールを飲んでいきたいと思います。(どんなしめや?!

ベルリンで食べたまさかの・・

ルーマニアからの帰路、実は用事があってベルリン経由で帰ったのですが。まさかのまさかの・・・!
アサヒビールに・・!

じゃーーーん!!
お好み焼き!!粉もんやでぇぇぇ!
こんな素敵なお店に出会ってしまったのです。お好み焼き
オーナーもスタッフも日本人の方で、味も当然!美味しいに決まってるし、もうなんならここは大阪か?!難波か?日本橋か?!くらい感動しました。
長旅の上、事情があって超満員電車に揺られていた私はもう、とっても感動してしまい、勢いで一瞬で食してしまいました。

お店はWi-Fiも飛んでいるし、なんとコンセントもありました。
ちょっと携帯の充電がピーンチ!だった私はありがたく充電もさせてもらい、もう大満足!
ついつい長居してしまいました。

注文も日本語でいいし、何より味が・・!美味しい(涙)
やっぱり関西のソウルフード、粉もんはホッとします。
こんなに手軽に食べられるなんて、ベルリンってやっぱり都会・・いいなぁ・・。なんて思ってしまいます。

ドイツに暮らしてもうすぐ4ヶ月。
こちらの生活もドイツ語もまぁ、注文くらいはできるようになりました。
体調も良いですし、なんの不自由もストレスもなく暮らしていますが、やっぱり食べ物だけは・・ね。
日本食が恋し〜〜くんる日もあります。w
そんな時に、救世主のように目の前に現れたお好み焼きやさん。
皆さんも、ベルリンで粉もんが食べたくなったら、ぜひ!!

「harapeko」
https://www.facebook.com/Harapeco-Japanese-Kitchen-Okonomiyaki-Berlin-982200138544302/

 

 

ルーマニアに行ってみた⑥〜かわいいお土産〜

はい。ルーマニア最後の夜(といっても2泊しかしていませんが)素敵なことが起こりました。
お買い物が終わった後、現地でガイドをしてくれたルーマニア人の学生さんから「はい、これお土産です。」と手渡されました。

何かと言うと、ルーマニア名物のラベンダーの紅茶。

1日運転もして、通訳もして、ガイドをしてくれた彼。
何かを渡すならこちらからのはずなのに、こんなことをやってくれるなんて。

そしてホテルに帰るとこんなことも。
ピンポーン。と部屋のチャイムがなり、スタッフの方が持って来たのは

こんなキャンデーの詰め合わせなど、お土産。
なんと昨夜一緒に飲んだルーマニア人のお友達からのお土産でした。
なんやねんルーマニア!!あったかすぎるやろ!!!!と。
いや、これは一緒に旅してルーマニアに誘ってくれた私の先生の人柄なのかもしれません。

最初にルーマニアに行くって決めた時は、ちょっと大丈夫かな?と心配もしていました。
初めて行く場所だから怖いめにあったら嫌だな。って。(私めっちゃビビリです)
だけど、本当に行ってよかった。
街も綺麗。ご飯も美味しい。ビールも最高。
そして人が暖かい!!!
また行きたいな〜!そんな国です!ああ、本当にまた行きたい。

そして、だから旅はやめられないですね。
人とお会いするのもやめられない。
私の人生は人とのご縁で作られているんだと思います。

今日は誰に会えるかな??

ルーマニアに行ってみた⑤〜夜のお買い物と空港へのバス〜

はい。
ルーマニア滞在記。ワイナリーでたらふくワインをご馳走になった後は夜の街でお買い物。
スーパーにあった可愛い植物。
この子はなんだろう?手袋(靴下?帽子??)みたいなの被ってめちゃ可愛い。
スーパーに売られていました。もしかして、まさか、食べ物?!?!
ルーマニア26
私、植物も動物も大好き。
みているのが好き。モチーフも好き。
私のお洋服や小物にはよく動物や植物が現れます。あ、人間ももちろん大好きです。
ルーマニア21
スーパーの後は、ストラディバリウスです。
ZARAの姉妹店で、日本にも上陸しているんですね!
こんなに大きなお店はヨーロッパに来て初めて見ました。ルーマニア22
このTシャツ・・。めっちゃ欲しかった・・。
https://www.stradivarius.com/jp/

こちら、公式ページ。
こちらに来てから旅には出まくっていますが、お買い物は一切していません・・。
まぁ、持って帰っても、荷物が増えてしまうっていうのと、後はやっぱり節約ですね。
お土産もあんまりこちらではそんな文化ないですね。
「**行って来た〜。」「いいね!どうだった?」で終わりです。
日本にいた頃のように、誰かの顔を想像しながらお土産を選ぶのも好きですけどね。

ルーマニア滞在をギリギリまで楽しみ、翌日はバスで空港に向かいました。
空港まで行くのは783のバス。
そして、バスに乗るにはこのチャージされたカードのようなものが必要です。
ルーマニア23
私はなんと、先生に頂いてしまいました・・!
が、本来はバス停の前にあるキオスクで購入します。
バスに乗ったらこちらにタッチ。
ルーマニア24
「ピッ」と鳴ったらokです。
ぶっちゃけ、タダ乗りできるやん!と思いました。(ドイツも同じですね。)
だけど、帰り、もう本当に最後の最後、回って来ましたよ!チェックが!!
ドイツでも10回に一回あるかないかくらいのチェック。まさかルーマニアで・・!と思いましたが、カードを持っていたので難なくクリア。
やっぱり悪いことはできません。
そんなに高くないですし、罰金の方が何倍も高いので、きちんと切符を買うくせはつけておきたいものですね。

なにはともあれ、ルーマニア。
思ったより超楽しかった!!
何より、高校時代の先生に再会できたこと。
たくさんの方とお知り合いになれたこと、全てが嬉しかったです。
動き回っていますが、今は今だけ。この一生は今回だけ!なので、やっぱり自分の直感を信じて選択していきたいと思っています*

さ、明日はどこっかな〜?

ルーマニアに行ってみた④〜まさかのここでもワイナリー!〜

はい。ウィーンでワイナリーに行ったことを先日記事にしましたが、まさかのルーマニアでもワイナリーに行かせていただく機会がありました。
ああ〜。お酒好きな私にとって天国のような場所に2カ国連続で連れて行ってもらえるなんて・・。どれだけ私は恵まれてるんだろう・・。
「今日は遠出だよ。」と言われ、車に乗り込みました。
ルーマニア12
ブカレストから1時間、2時間と車に揺られていきます。
ルーマニアの田舎、超のどか!
ちょっとウィーンにいた頃から、そろそろ田舎に行きたいななんて思っていたので(人間ってわがままですよね)、とても嬉しい。
しかも、乗り物(飛ばないもの!)が大好きな私、車の中から窓の外を見つめていました。
道を走る馬車。現地の子供たち。何を切り取っても、考えさせられる風景ばかり。(いい意味で)
ルーマニア13
はーい。ここでーす。
うわ。超のどか!超丘の上!
見えるのははい、ぶどうの畑!!
ルーマニア15 ルーマニア14
ワイナリーの中に入って、工場を見学させていただきます。
初めて(多分)入るワイン工場。通訳の方もついて、何よりワインの香りが素敵すぎて、とっても楽しかった〜。
お勉強の後は、待ってました!試飲大会!
なんと6杯もいただいてしまいました。感謝感謝です。
ルーマニア17
こちらは珍しい、赤いぶどうから作った白ワイン。
ちょっと真っ白じゃないでしょ??
おい〜〜し〜〜〜かったなぁ・・!!
ルーマニア18
もちろん赤ワインもいただきます。
ハァァ。美味しい。
今回ばかりは愛するビールを置いておいて、ワインに浮気。完全に浮気。
美味しかったなぁ・・。
ぶどうのこととか今まで気にしていませんでしたが(ビールが好きすぎで)ワイン党の人の気持ちが少しわかった気がしました。
確かに奥が深い!!
確かによく味わうと全然違う!!
ルーマニア20
これが、今回頂いたワイン様たち一覧。
今思い返しても貴重な経験だったなぁ。
一緒に頂いた人たちも普段の生活ではきっとお会いできなかったであろう人たちばかり。
なんていうか、ルーマニアまで来てよかったなぁ。なんて。
人とお会いさせていただくことってどれだけ価値があるのか、自分自身で実感しました。
ルーマニア19
ご覧の通り、ブカレストから結構離れています。
行くなら1日仕事になるかな?
でも、言ってみる価値はありです!事前に予約!英語はOK!通じます!

http://www.lacertawinery.ro/wines/red-wines.html

・・・これだけ熱く語っておいて、その晩はしっかりビールを飲んだのはここだけの話。

ルーマニアに行ってみた③〜国立美術館と1メートルビール〜

ルーマニアの記事の続きを書きたいと思います。
ああ、ルーマニア、あったかかったな・・。ともう恋しいです・・。
そのくらいドイツはもう寒い!(暖房つけました)
あのルーマニアのラテンのノリが恋しいです。

さて、訪れたのは、国立美術館!
ルーマニア10
ジャーン!ルーマニア9
個人的にこの門が素敵!と思い、少しの間見入ってしまいました。
素敵じゃないですか??
ブカレストにはこんな感じで、ちょっと西欧とは違う雰囲気の建築デザインが多くある気がします。
ルーマニア8
中はドーン。
はい。めっちゃ豪華。
ちょっとバブリーな気もします。
ルーマニア7
どんな感じかな〜?!と軽い気持ちで行ったのですが、もう・・もう・・・見終わった頃にはお腹いっぱい!十分満喫しました・・!って感じ。
とにかく広い!!
ルーマニアからヨーロッパ全体の美術が年代も広範囲に渡って展示されています。
とにかく広い!ちょっと途中で息切れしてしまいそうになります。
カフェで一休み・・とかしたい気分になりますが、残念ながら休憩できるカフェはありません。
なので、1日かけてみるぞ!くらい心して行くか、もしくはざーっとみて楽しもう!くらいの軽い気持ちで行くのが良いかと思いますね。
美術を見る時って異様に体力を使いませんか??
私は使います。なんというか、作品にエネルギーを吸い取られている気がします。
あ、これは悪い意味ではなくて、作品あるいは作者が持つ何かと私自身の何かがコミュニケーションしているような、そんな気持ちになるのです。

だから、頻繁に訪れると頭がパンクしてしまいますが、定期的にいろんなものに触れていないと、私の表現も枯れていってしまうように思います。
やっぱり、作品ってアートって、コミュニケーションなんですね。
国立美術館の公式サイトはこちら

http://mnar.arts.ro

さて、心も体もエネルギーを使った後は、エネルギーを補給しました。
ルーマニア11
ジャーーーーン!!
名付けて1メートルビール!
「せんすちゃん、どれくらビール飲める?」と先生に聞かれ(ルーマニア訪問は高校時代の先生にお会いするためでした)
どういう質問だ?!と思っていたら、答えがこのビール!
そういうことか!すごい!興奮!感動!!w
ルーアニアのみなさんもビール大好き。美味しいもんね、ビール。
ということで、綺麗に1メートルを飲み干しました。うまかった。

ということで、思いっきりブカレストを満喫しました。
旧市街にはお店(飲み屋)がたくさんあって、私にとっては天国でした。
ただ、客引きが多かった。
英語での客引きでしたが、それはもうどのお店からも声をかけられて正直ちょっとめんどくさかったです。
少し日本の飲み屋街を思い出したり・・。
今までヨーロッパであまりそのような経験がなかったので、少しびっくりしました。
基本的に無視しておけばOKだと思います。
後ゴミゴミしているので、貴重品の管理には気をつけてくださいね!

大切なお知らせ*SMILE合宿

さて、新しい情報が解禁になりました。
年末の一時帰国中に10歳から18歳(小学四年生から高校三年生)を対象にした合宿の講師をさせていただきます。

http://and-pj.com/engeki/

お申し込みはホームページから。
ずっと子供達と演劇を使って何かしてみたいと思っていたところ、声をかけていただいたこの企画。
本当に嬉しいです!!
今年の12月26・27・28日。
演劇経験はあってもなくても大丈夫です。
自分の中の自分を好きになって、人との関わりをもっと好きになる、そんな3日間になるといいな。

アクティングやそれに関わるものって本当にすごい力を持っています。
今ちょうど、私の元生徒たちは文化祭の真っ最中で、舞台発表をしています。
去年私のクラスで私が心がけたことは、コンクール形式なので、勝つ!勝ちたい!というところからスタートし、最終的には自分たちの踊りが好きになって、勝ち負けではなく、自分たちの表現、そしてそれを共に作り上げた仲間に誇りを持つ。ということでした。

普段の授業ではやらない取り組みに、最初はもちろん戸惑いますが、やっていくうちに自分の内面にあるものを新たに発見したり、コミュニケーションをどう取ったら良いのかを知ったりしていきます。
そんな彼らを見ていて、シアターで使われているものは教育に素晴らしい影響を及ぼすことができる、と確信しました。

なので、今回この企画に講師として携われるのは本当に嬉しいです。
ドイツ、ヨーロッパでも子供に向けた合宿やワークショップは盛んで、こちらでもたくさん学んで帰りたいと思っています。

ぜひこの機会に参加してみてください。